ホーム > おしり講座 > レッスン5 - 食事の知恵

レッスン5 - 食事の知恵

朝食をきちんととれば、おしりの健康管理がうまくいく

人間を含めて自然界の動物は、朝が一番便意をおぼえる仕組みになっています。からっぽの胃袋は食べ物が入ってくると同時に活動をはじめ、腸が反射的に便意を起こすのです。

朝、食欲がなくてもコップ一杯の牛乳やジュースを飲む

現代人はストレスが多く、朝なかなか食欲がわかないものです。でも朝食抜きでは便意が引き起こされないので、食卓の椅子に座ってコップ一杯の牛乳か野菜ジュースを飲むように心がけて下さい。効果はばつぐんです。

外食の野菜不足を補うには、サラダより煮物かおひたしを

各種ドリンク剤の中でも食物繊維を含んだものが人気上昇中です。食物繊維は便秘を予防する効果があると言われています。 外食で繊維質を補うには、生野菜のサラダより煮物やおひたしなどの方が食物繊維やビタミンが多く含まれているので効果的です。